ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

不倫 言いたくても言てはいけない一言

お付き合いが長くなると忍耐力も必要ですね。

ラブラブ期からお互いの事情で、会えないカップルもいますね。忍耐と言えば結婚ですが、不倫は結婚生活の数倍早く忍耐力が必要になり、それはとてつもなくエネルギーを使います。

 

 

この忍耐に耐えられなくなると思わず出る女性の一言がありますね。

「もう疲れた、別れたい」

 

これ本心でしょうか?

いえ、この言葉の奥は「もう疲れたから、いい加減私の思い通りになってよ!」という私たちの心の叫びなんですね。

 

こんな本心が隠れているので、相手が簡単に承諾してしまうと、一気に慌てふためいてしまいます。

 

そう、お決まりの「嘘だよ」とすぐ撤回します。でも彼も一度別れを決めた手前すぐには元さやには戻ろうとしません。それも彼女からコントロールされそうになったのが分かるからとても嫌なんですね。

 

その時の女性は男性を振っておきながら

振られる立場になってしまいます。最後には「私が悪かったの。ごめんなさい」と。

 

これね、ここでまた元に戻るのではなく、続きがあります。一旦は仲良くなってもしばらくすると、必ずまた揉める場面が出てきます。すると、女性は一度大失敗を経験しているので彼女からは別れを切り出すことはほぼないです。

と言うことは男性からこの言葉を言われる確率がとても高くなります。

 

男性は女性が自分から離れて行かないことを前回の揉め事で、学習していますから次は無意識に自分のコントロール下に

女性を置こうとします。

 

別れを告げられた女性は「悪いところがあったら、ちゃんと直す」なんて言葉言ってしがみついてしまいますね。

その後男性が「じゃあ俺のいう条件で付き合って」(こんなにストレートには言いませんが)となる訳です。彼が完璧に主導権を握るのです。

 

こうなってしまったら、女性が本当に

辛いお付き合いになってしまいます。

前にも増して男性が会ったり、連絡を

取らなくなるケースがとても多いです。

つまり彼女の優先順位がガタっと落ちます。

これこそが本当の都合のいい女なのです。

 

でも大失敗をした後でもこれを回避させることは出来ます。それは女性は前とは少し違う付き合い方にする必要があります。何度も書いていますが男性にしがみつくのをやめます。もっと自分の世界を大切にするのです。彼がいてもいなくても私は幸せ!これです。

男性は自分とは関係ない世界でいつもキラキラして機嫌のいい彼女を手放すことも、雑に扱うこともないのです。

あなたにとってこの世の主役は彼ではなく、間違いなくあなたなのです。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

クリックお願いします(^_^)/


にほんブログ村