ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

夫とのこと

長年結婚生活を送って来て、これが愛ではなく、私の犠牲で成り立っていたような気がします。

アスペルガーの夫と、コミュニケーションが取れないがために、妻なるカサンドラ症候群の私。息子のため、自分のために衝突を避け、何も逆らわず、夫の言いなりになっていました。普通のご夫婦の相談では、クライアントさんに自分の気持ちを丁寧に上手く伝えましょうとアドバイスするのに、自分ではそれを諦めてしまっています。正確には伝えても伝えても、伝わらなかったのです。産まれながらコミニケーション能力が極端に低く、相手の立場で物事を考えることが出来ないので、1から10まで説明しなければ、暴言、暴力となる。幼児に繰り返し説明しているようなものです。子供なら学習して、成長していきます。夫は学習能力がないのと、知能は非常に高いので、反論するので理解させるのは至難の業で、物凄くエネルギーを使います。理解出来なくて、徒労に終わることも多く、それなら言うことを聞こうと思ってしまっていたのです。

 

また自分より劣っていると判断すると、容赦すぐ暴言を吐き、笑いながらふざけながら軽いDVもありました。例えば手が離せなくて、テッシュを取って欲しいとお願いすると、猿蟹合戦!とテッシュを私に投げつける。それはそれは楽しそうに。薄ら笑いながら「ほんと頭は犬並みだよね」と言われたことも。

 

夫は太るからという理由で、家でほとんど食事をしなくなりました。常にこだわりの整理整頓癖があり、頼んでもいない冷蔵庫の整理していた時に、溜まった冷凍の肉を見つけ、怒りながら「肉は家で食べるな、外で食べろ」と言われました。

 

友達と肉を食べに行くことは限られますから、毎回外で一人で肉を食べる。想像しただけで、寂しく虚しいですよね。どうして人の立場に立って、考えることが出来ないのか?でもこれも障害で、本人は自覚がないから仕方ないです。

 

友人で二人アスペルガーの夫を持つ奥さんがいるのですが、やはり苦しんでいます。一人は病気でご主人を亡くされていますが、亡くなった今も、ご主人に恨みを持っています。生存してたころはまるでロボットと暮らしてるみたいだったと言っています。

 

去年年賀状を夫の分も買って印刷しようと思い、夫に何枚いるか聞くと、自分の分だけ印刷のされてる物を既に買っていました。それも「何も言わないから、買ったと」私を責めるので、もう何も言いませんでした。今年も嫌な年賀状の季節がやってきました。