ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

辛い時の〇〇頼み

今、友人の仕事のお手伝いで、カウンセリング業をしていますが、心理カウンセラーとは違います。

 

カウンセラーは牧師のような役割があると言われています。

 

 

 

牧師に罪を告白して、怒られるでしょうか?

全て受け入れてくれますよね。

 

カウンセラーも基本、全て受容していきます。つまりまず一旦、受け入れます。そして話しを遮らず、クライアントの話しを聞いていきます。

 

話しを聞いているだけで、誰に話しても同じと思われる方も多いと思いますが、話しを聞くのは意外に難しいのです。皆、相手の話しを聞いている時は、次に自分が何を話すか考えています。

 

話しをしっかり聞いてあげると、信頼関係が築けます。皆、話しを聞いて欲しい、自分のことをわかって欲しい、認めて欲しいと思っているので、単に話しを聞くよりもカウンセラーの傾聴という聞き方は、そのニーズに応えることができます。話すだけで癒されるのはこれなんです。

 

皆さんがカウンセラーの質問に答えていくと、自分の中にある本当の答えが、出てくるんですね。結婚、離婚、不倫など悩みと思われている、事実の中には、真の悩みや問題はないと言われています。

悩みのもっと奥底にある、本当の悩み、問題が必ず隠れています。ただ本当の悩みが分かっても解決するのは結局は自分自身です。

 

占いなどに頼りたい時もありますね。カウンセリングよりも身近だと思います。

私もそんな時期がありました。会えなくてもうあきらめようと思った時に、友達の紹介でメールで鑑定してもらいました。詳しくはまた書きますね。

 

占いでまだ彼のことが好き時に「彼とは性格が合いません、早く別れましょう」と言われても誰も別れません。そんな時は、「大丈夫、彼とあなたはいつか分かり合い結ばれます」という言葉を心の底で待っているのですね。

 

自分の心が、完全に納得しなければ、行動に移すことができないのです。

 

だから結局はカウンセリングも占いも自分の信じていることは、変えられないんです。変えたくないんです。もちろん辛い時は頼ってもいいと思うんです。でも最終的に決めるのは自分です。