ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

不倫 誰に相談するか?②

①の続きです。

 

不倫に対して否定も肯定もしない人が一番いいです。不倫も独身も人を好きになるのは同じ。好きになることは理屈はいらないので、ただ気持ちをちゃんと受け止めてくれる人がいたら、特に悩みがなくても時々気持ちを聞いてもらうといいと思います。ただ話す相手の立場や気持ちを考えて、のろけは極力控えて。

 

どんな人も罪悪感があります。平気なフリをしていても、人間の心には天使と悪魔が必ずいますから、どこかに自分を罰するもう一人の自分がいるのです。

 

わたしがブログを書いている1つの理由に、自分自身の気持ちの整理もあります。人に話す代わりにブログや簡単な日記を書くのもいいです。悩みが書いているうちに、答えが自然に出てくるのです。

 

自分の悩みは出てきた時に、既に自分の中に答えがあるといいます。つまり解決方法をわたし達は知っているのです。占いに行っても最終的に決めるのは自分ですよね?盲信している人ではなければ、占い師に後押しをしてもらっているだけなのです。

 

女性が服を選ぶ時に彼氏に「この服とこの服どっちが似合うと思う?」と聞いておいて、結局自分の好きな方を選ぶ、と同じことなんです。相手に従う?それは普段から他人軸で生きている人なんですね。

 

何度も言いますが、悩んで辛くて、誰かに早く別れた方がいいと言われて、簡単に別れられる程度の相手なら、最初から不倫はしない方が自分のためだと思います。それだけ不倫のデメリットも大きいのです。