ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

不倫をするかやめるか迷っている方

今日は独身のあなたが、既婚者の男性を好きになって、片思いで悩んでいる人に向けてのお話しです。

 

好きになるのに、好きになりたくて好きにはなれません。自分に雷が急に落ちてきた感じです。あれ?なんだかあの人のこと気になる。もしかして好きになったのかも?あの人のことが頭から離れない。好きで好きでたまらない。大好き、愛してる。という流れではないですか?

 

でも相手には家庭がある。しかもまだ自分のことも好意を持ってくれているかも分からない。

既婚の男性は素敵に見えますね。何か守るものがあると男性は輝いてわたし達には映りますね。そして人のものという禁断の果実。食べてみたくなります。

 

独身男性で女性と付き合ったことのあまりない男性よりも、既婚の男性は女性の扱い方をよく知っているし、何もかもが上手です。そうではない人ももちろんいますが。

 

ここで女友達に相談したら?答えは「やめた方がいいよ」と言われることが多いと思います。想像がつくので、相談するのも勇気がいりますよね。

 

相手があなたにもし好意を持ってくれたなら、そのまま素直に自分の気持ちに従ってもいいと思います。やめた方がいいと言っても無理ですからね。お互いが求め合う気持ちは誰にも止められません。

 

一時か、はたまた何年間か、略奪愛になるかは分かりませんが、それは「経験」です。良い悪いではなく、ただその人の経験です。人生の中で出会う人は必ず意味があると思うんです。一時のお付き合いだって、その時間は幸せだったはず。心から満たされる幸福感を味わえる時って、日常でそこまで多くないと思うのです。

 

人生の中でもそうですよね。どれくらい幸せを感じられるか。世間はわざわざ既婚者と付き合わなくてもと言います。リスクばかりを取り上げて否定ばかりする人もいます。果たしてそうでしょうか?その人と出会えたから、頑張れたこと、嬉しかったこと、楽しかったことあると思います。あまり好きな言葉ではないのですが、好きになった人がたまたま既婚者だっただけ。スピリチュアル的には既婚の彼と出会う運命だったとも言えます。

 

何かを選ぶ時に何が正しいかではなく、何が楽しいかに焦点を向けていくと、自分が何をしたら喜ぶかが分かって来ます。つまり何を求めているかです。

 

どんな恋も理屈では語れないのです。