ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

恋の策士のススメ

単なるのろけ話しではないので、宜しければ最後までお付き合い下さい。

 

最近恒例になって来ましたが、また彼とバトルです。私が他の男性と二人で食事をしたという、誰が聞いてもくっだらないことがケンカの原因です。夜、彼の仕事帰りに電話があり、その時に彼の誘導尋問についつい引っかかって話してしまいました。

 

そこからラインが夜中まで続きました。その食事した相手をブロックするの?しない?と、おまえ自宅に帰ってこんなに時間あるか!というくらい、普段とは違ってラインが止まりませんでした。

 

彼には言えませんが、かまって欲しい時はもってこいのイベントです。家族を放っておいて、こちらに集中してくれるのですから、怒られながらも嬉しい限りです。それだけ誰かに取られたくないって思ってくれてるのだなと感じられる瞬間です。

 

一時は別れる別れないにまでなったケンカも翌日には私が相手をブロックしたスクショを送って、仲直りです。ほんと、はたから見たらバカップルでしょうね。

 

でもそれで絆が物凄く強くなるのですから、良いこと尽くし。おススメしたいのですが、相手によっては、他の男性をちらつかせない方がいい人もいるので、相手を見極めて下さいね!

 

お相手が何に強く反応するか?よーく観察が大切です。私の彼の場合、昔彼の仕事が忙しくて(それは今も同じ)彼女が他の男性の元に行ってしまった過去があります。だから男性では珍しく?見捨てられ不安があるのです。いえ、見捨てられというよりも自分のモノを取られる恐怖心かもしれないです。モノというと拒絶反応を起こす人もいると思いますが、大切な人も男性からしたら自分のモノなんですね。支配欲求ですね。

 

ネットに良くある小手先のテクニックを真似て使うのはススメられませんが、時に策士になるのも恋愛の賞味期限を伸ばすコツです。策士なんてなりたくない!というあなた!恋のロマンス期は早くて3ヶ月、長くても3年と言われています。その後はマンネリ化です。安心感でいっぱいになると、もぅコイツ飽きたな、他の女と遊びたいなと思う男性もチラホラ。そんなこと彼に思われないためにも、時には工夫や努力も必要なのですね。たまには彼女のことが気になって、眠れないくらいの苦しみを彼にも味わってもらいましょう!だってあなたはこれまでたくさんの眠れない夜を超えて来たのではないですか?