ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

修復方法

先日の記事の通り、私が夫との離婚を考えていること、彼との未来を考えていることを彼に話した結果、2人の関係がどうにも気まずい状態になっていました。昨日までの記事も私の心の辛い状態を書いたものです。記事の通りわたし自身の気持ちと向き合っていました。

 

今日の朝、目が覚めると彼への気持ちが以前に比べて少なくなっていることに気がつきました。

 

このまま彼から離れることができたら、どれだけ楽なのかと正直思いました。気持ちが強くなったり、弱くなったりすることは普通のことなので、あまり気にはしませんでしたが、恋愛関係で悩みがないと言うのは、心が安定することなんだなと感覚的に分かりました。頭では分かっているのですが、実感したのは彼と付き合って始めてでした。もし彼と別れたらしばらくは恋愛はしないと決めました。

 

この気持ちの弱まり。次に何が起こるかと言うと、振り子の原理で、逆に振れるのですね。つまり彼への気持ちがまた強くなり始めます。それは彼も同じようで、お互いがバランスが取れている状態なのです。

 

バランスが取れ、頑張ることなく、二人の関係が自然に元に戻ることができました。きっかけは何気ないラインのやり取りです。カップルにもよりますが、関係性が危うくなり、モチベーションが下がっている場合、元に戻る時の会話は、あまり感情が入らないものがいいと思います。感情が入るとより複雑になる場合もあります。もっとわたしを愛して。理解してというニーズをさらに押し付けてしまうからです。

 

わたし達は好きな食べ物の話しでした。それもたい焼きや団子の話題(^_^;)それくらい恋愛感情とはかけ離れたものの方が抵抗なくできます。

 

ここでのもう一つのポイントは、意識して二人の共有の話題にすること。たい焼きは頭の方がいい?しっぽの方が好き?と聞きます。彼があんこは少しでいいから、しっぽがいいと言います。そこで、わたしはあんこが好きなので、はんぶんこしたらしっぽの方あげるねと。彼のイメージしやすく言語化します。2人でたい焼きを買って、はんぶんこして分け合って食べる映像を彼の頭に浮かばせます。それに何が影響するかと言うと、以前に食べ物を2人で半分ずつした楽しい思い出があるので、そこに結びつくのです。

これは無自覚で結びついているもので(わたしもブログを書いて自覚しました)そこに楽しい気持ちだけ、行くことができるので、瞬時に元の関係に戻ることができる訳です。

 

心は複雑なようで実はシンプルです。複雑にしているのは自分たち。それを多くの人は分かっていませんし、わたしも渦中にいると分からなくなります。

もし、わたしが心理学を学んでいなかったら、とっくに彼との関係は終わっていると思うのです。

彼にわたしの気持ちを話したことは、前にも書きましたが全く後悔していません。未来はどうあれ、今はわたしにそれくらいの強い気持ちがあると彼に伝えられたことに喜びすら感じます。ここからコントロールではないのですが、彼の気持ちが変わることにアプローチしていきます。