ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

これが甘え? そして孫たちの頑張りを認めない

昨日からの続きです。

 

息子は一浪して都内の有名大学に地方から入りました。高校は地元では進学校でもなく、頑張って入った大学です。しかし就活で行きたい会社に最終で2社落ちました。息子の落胆は半端なく、他でもらっていた内定を断り、今年の就職を断念。もともと妥協することが嫌いだったので、義父と同じ高校教師になることに決めたようです。留学経験があるので、英語の教師になります。

 

大学は教育学部ではなかったので、現在は足らない単位を取得しようと通信で勉強し、日中は大学生の時からのバイトを毎日続けています。今の学費は自分で払い、食事は良くはないと思うのですが、自分の稼いだ給料で外食をしています。息子の決めた道を「わたした甘やかした。嫌な仕事でもどこでも就職させるべきだった」というわたしの母親。

 

わたしの弟と妹にそれぞれ小学生の中学生の難病の子供がいます。妹の子供は赤ちゃんの頃から先天的な病気です。一時は余命4年と言われていました。手術を何度かして、今は背中にリュックを背負い、その中に24時間点滴をする機械をを入れて、体内に流しています。夜中は酸素吸入をしています。運動制限があり、体育、運動会は見学、毎日学校の送り迎えや野外活動など妹が車でしています。妹は娘がいつ倒れるか分からないので、自宅で携帯片手に待機している状態です。

 

弟の子供は小学校の高学年で膠原病を発症しました。そして下のもう一人の子供は小麦アレルギーなどで、かなりの食品が食べられません。誤って口にした時に、注射を即座に打たなければ命に関わります。

 

妹のもう一人の子供は病気ではないのですが、妹が難病の子にかかりきりで、その兄を「バカ」だ「アホ」だと否定して育てているので、小4にして家のお金を盗むなど問題児になりかけています。定期的に難病の子供達は検査入院などが必要なのですが、母親は積極的には手を貸しません。お見舞いも行かず、あくまで自分の生活が一番大切なのです。入院で兄弟を預からなければいけない時は、表面的にはやることをやろうという姿勢を見せますが、裏ではとても厄介なモノを預かるかのように孫の悪いところばかり言っています。

 

そして、わたしの息子には、大人しく手間もかからなかったので、母親は会えば可愛がってくれていました。しかし、母親が実際息子に何の力になったか?どこでもいいから就職させろ?そんなことを言う権利がどこにあるか?次にもし同じことを言ったらわたしは母親に何をするか分かりません。心の底から憎いと思いました。自分のことならともかく、息子のことまで言われたら我慢はしません。もしも今、何事もなかったとしても、将来は分かりません。

直接危害を加えることだけが復讐ではない、そう思っています。