ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

苦しい関係

現在はとても苦しいです。それは家庭内。

かれこれ3年になります。

 

よく精神的にバランスを保てているなと自分でも思います。この状態で人の話聞けてるよね?と同じカウンセラー仲間にも言われます。

 

夫婦仲が悪くてカウンセラー?と思われる方もいると思います。前にも書きましたが、わたしの夫はアスペルガーで、暴言やこだわりがものすごく強いのです。

 

それが分かるまでずっと「この人と結婚生活が続けられるのはわたしくらいしかない」と本気で思っていました。

 

人にも話せないくらい異常でした。話すと引かれると分かっていたので、言えなくなったのです。

 

例えば、靴下片方がないだけで、猛烈に怒り出します。早く探せ!と見つかるまで言われます。わたしが何をしていても。

夫より先に靴下が片方ないことに気づくと、また怒られる!と思って、必死に探して探してそれでもないと、憂鬱でたまらなくなります。靴下って洗濯すると、すぐに片方なくなりますよね?そんな時なかなか見つかりませんよね?風に飛ばされたりしたかもしれない。でも、それが許されないのです。

 

夫にとって靴下は自分の体の一部と同じ感覚なのです。それくらい大切な靴下なのです。それは靴下だけではなく、夫の持ち物全てです。

でもこんなのは序の口。というか日常的。他にもたくさん苦しいことがあります。

 

夫の内では靴下をなくしたのはわたしのせいですから、出来損ないの悪妻です。それは暴言も出てくるでしょう。

 

わたしと夫は長い間、共依存だったのです。従ってしまった、わたしにも責任があります。DVを受け続けながら、離れない女性と同じでした。これは親との関係に原因があります。母親から精神的虐待を受けながらも、母親から愛されたかった小さな自分。夫ともその繰り返しです。

 

息子が大学を卒業した今、もう夫から離れなければならないと思っています。母親から逃げた先は今の夫。もう自分を解放してあげたい。幸せになる許可を与えたいと思います。

 

悲しいのは、母親も夫も自覚がないことです。全ての方ではないと思いますが、不倫関係になっている人は、寂しさ悲しさ、満たされなかった思いが心にあると思います。