ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

恋愛中毒のわたし②

彼は麻薬と同じ。

 

彼がいなくなったら、わたしは生きていけない。

 

なぜ中毒になったか?以前にも書きましたが、改めて、分析しながら書いていこうと思います。

 

彼と出会って2週間で4回会いました。彼の自宅とわたしの家はかなり離れているのですが、彼の会社の本社がわたしの家の近くだったので、このまま、順調にいいペースで会えるかと思っていました。しかし検査員の彼は地方へすぐに旅立ってしまいました。

 

ただ、最初の現場はわたしの実家に近い場所でしたので、実家に行けば会えるし、すぐ戻って来るようなことを彼も言っていたので、あまり心配していませんでした。

 

が、しかし、そこから9ヶ月近く会えませんでした。地方の現場から現場へ。1ヶ月単位で移動していました。次は会える次は?と期待をするのですが、会えませんでした。

 

彼は「会えるから信じて」を繰り返していました。

この期待→落胆→わたしから離れようとする→彼に引き止められる→戻る

この繰り返しが中毒と変わっていったのです。普通ならいつ会えるか分からない人は、別れています。彼は違いました。

 

とにかくラインはマメ。わたしが落ち込むとスタンプなど、たくさん送って来ました。

 

そしてわたしは彼に母親を投影していたのです。彼を母代わりにしていました。

これも大問題なのです。

③へつづく。