ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

ヒヤッとしたケンカ②

その日は土曜日で、彼から連絡が来なければ、次の火曜までわたしからラインを送るのをやめようと考えていました。果たして耐えられるかどうか。

 

夕方くらいまでは楽勝で、他の用事に出かけました。それはカウンセリング勉強会で、家から電車で1時間くらいの場所でした。休憩中にラインを確認、まだ来てない。その時点で夜の7時半、ちょっとマズイかなと思いました。

もともとマメではなければこれくらい時間が、空くのはは気にならないと思います。が、彼はマメマメマメ。怒って何か書いて来ることはありますが、既読スルーはない。

 

その勉強会でクライアント役の人がわたしのことと、すこしだけかぶる内容を話していたので、ますます不安に(^_^;)自分が話を直接聞いている時、どんなにクライアントさんが重い話をしても、自分が辛くなることはありません。(昔はエンパスでした)

 

でも、その時は傍観者だったので、どんどん不安になって、後半はぼーーーとしてしまいました。これ以上いても集中できないので、キリがいいところで早退し、一番早く家に帰れる電車に乗りました。その電車で「怒ってる?」と送って、当たり前じゃーん!と自分でダメ出しをして、彼と同様送信取り消し。その後、「ごめん」と送ったと同時に既読になったので、かなりホッとしました。

 

その後の彼のラインは

 

「なぜ連絡なかった?」

 

「帰る時」

 

「あやしい」

 

ポツリポツリでしたが、ここまで来ればなんとか大丈夫。かなり不機嫌でしたが、翌日は普通に戻りました。

 

やはり離れるのは嫌だなと思いました。

自分で地雷を仕掛けて、それを踏むわたし(T-T)

こうやって執着を強めてしまうのですね。最近のわたしの口ぐせは…

だって人間だものです。

 

解決には?

明日へつづく