ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

彼との出会い②

わたしと彼との出会いは数年前でした。

 

当時友人達とラインをグループでやっていて、もう少しメンバーを増やそうと、お友達募集をしたところ、男女数名が連絡をくれました。彼もそのうちの一人でした。

 

当時わたし自身、頻繁にやり取りをしなければいけない、グループラインに疲れていて、正直彼からメールが来た時は、わー面倒だなって思っていました。

 

また彼がグループの友達とは、少しタイプが違う、もの静かなタイプだったので、グループに入るのはやめて、わたしと個人での、やり取りでもいいかと聞いてみました。

彼がグループに入ってもらっても、合わないと思ったので、途中でやめるやめないのゴタゴタに巻き込まれたくなかったのです。

 

彼もそれでもいいと言ってくれたので、二人でラインをすることにしました。

 

ただ共通の話題もないし、わたしも男友達は他にいて、恋人候補でもなかったので、いつかフェイドアウトするかも?と思っていました。

 

最初、わたしは彼に対して、かなり放置プレイで、でも忘れた頃、彼からスタンプか、短文が来て負担にならない程度にやり取りが、出来たのが良かったのかもしれません。

 

③恋に落ちるへ続く