ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

彼との出会い③

年末年始をはさみ、すっかり彼のとこを忘れていた?

それともやっつけ仕事のように、ラインの返信をしていたか定かではないのですが、

細々と繋がってはいたようです。

 

年が明けて私が誤ってラインアカウントを削除してしまい、それまでライン以外の連絡先を知らない人とは、縁が切れてしまいました。

 

彼は知り合って当初にメアドと電話番号を

教えてくれていたので、メールをして再びライン再開にすることが出来ました。

 

それからお互い何となく意識するようになり、

私自身彼と会うつもりではその時なかったので、かなり自己開示をしていました。

彼は物静かな感じでガツガツしない、

でも草食系とは全く違う、すれてもいないけど、若い時は人に迷惑をかけない程度の

やんちゃ。礼儀正しいちょっと遊んでいる人?そんなイメージでした。

妻子はいながらも(その時は興味がなかったので

既婚者とは知りませんでした)少年の心を持っている感じの人でした。

 

だんだん心を許すようになり、私の悩みを話すまでになっていました。

 

その頃にやっと写メを送ってもらいました。

年齢よりかなり若く見えて、

素朴なイケメンで、ストライクゾーンの狭い私の

ドストライクな顔立ちでした。身長も175センチ。

私には理想の男性像です。持って生まれた天性からかなりもてると思われ、

しかしそれを決してひけらかさない謙虚さ。

今まで出会ったことのないタイプだったので

私は少し警戒はしていました。

 

でも惹かれる気持ちは日増しに強くなり、

急激に恋の化学反応が起こったような

感覚に陥っていました。

 

それから間もなく、彼から「付き合って下さい」と言われて会うことになりました。

会うまで既婚者とは知りませんでした(笑)

そんなことどうでもいいと思っていました。

 

(今現在は彼の私のそれなりに年を重ねて

どこにでもいる一般的な40代です)

 

④へつづく