ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

彼との出会い④

食事をしてそこから、すぐの夜景の見える場所に行きました。

海沿いで、1月だったので、とても寒く少し外に出て写真を撮り、その後は車の中で話しをしていました。途中彼が車を降りて、どこに行ったのだろうと待っていると、暖かい飲み物を渡してくれました。

その日はそのまま送ってもらい、帰宅しました。

 

彼は本当のことを話すとわたしが離れて行くと

思っていたのか、なかなか会えないことを話しませんでした。

(それでわたしは苦しむことになったのですが)

 

仕事は1か月ごとに地方を回って、その間はレオパやホテル暮らし、

現場から現場に移動のことも多く、会えるとしても直前しか

分からない状態でした。それは今も続いています。

 

彼が一旦自宅に戻っても、私の家とは高速を使っても

早くて1時間以上かかる距離です。それも時間によっては

大渋滞をする観光地です。電車を使うとぐるっと迂回するので

往復5時間。

 

そんな物理的にもなかなか会えない、そしてお互い既婚という難しい

立場の恋の始まりでした。