ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

彼から連絡が来ない時の心の持ち方②

①の続きです。

 

①でも書きましたが、ちょっと難しい訳の分からない話しになるかもしれません。

 

わたしが何度も書いていますが、彼のことが分からなくなっている時は、相手を無意識にコントロールしようとしている時なのです。

 

 

もっとわたしに優しくして。もっと大切にして。わたしに返事を早く送って安心させて。

 

そんな自分中心の気持ちが不安の中にたくさん隠れています。

 

でも相手は違う人間ですね。絶対にコントロールはできないのです。たまたま相手が言うことを聞いてくれても、それは長くは続きませんよね。

 

つまり

 

相手は自分の思い通りになるという幻想を、手放すのです。

 

どうして彼からメールやラインが来なくなると、猛烈に不安になると思いますか?それは彼を神格化してしまっているからなんですね。彼がいないとわたしは生きていけない。見放されたら、わたしはもうダメだ。

 

本当はそんなことはないのですが、それくらい相手にパワーを持たせてしまっています。

 

自分のパワーを人に持たせてしまっていることが分かったら、その相手に与えたパワーを自分に向けるのです。向けると言うよりも、取り戻すと言った方がいいですね。

 

人生はよく川に例えられます。流れに任せると必ず上手くいくように出来ています。一見悪い出来事に思えることも、後から思い返すと、あれがあったお陰で今の幸せがある。そんなことって、1つや2つ考えるとないですか?

 

不安に駆られて、相手をコントロール化に置こうとしている時は、オールを持って激流を遡っている状態と同じなんですね。必死に抵抗しても苦しいだけって想像できますよね。その苦しさが、連絡を待っている時と同じだと気がつきます。

 

この、オールさえ手放せば、流れに楽に簡単に乗れます。苦しむこともないのが分かりますよ。

 

彼から連絡が来ようが、来まいがどちらでも上手くいくと思えば、楽になります。わたしも動悸が起きるような不安感を覚えると、この手放しを頭の中でします。

 

すると、不思議なのですが、手放した途端に、彼からメールやラインが普通に来るようになることが多いんです。

 

今、嫌な気分か苦しい状態かを自分の中で、チェックすることが大切です。意外とわたし達は、恋愛においての自分自信のストレスに、気がついていないことが多いのですよ。

 

嫌なことは外側から、なんとかするのではなく、全て自分の内の世界からなんです。心の持ち方、在り方を変えると、外の世界もガラリと自分の思い通りのものに変化します。

 

これは騙されたと思って、一度やってみて下さい。少し練習が必要ですが、習得すれば無駄な不安も減らせて、彼と平穏な日常が再び訪れるかもしれません。