ももねいろ 恋の部屋

復縁カウンセラー 恋愛カウンセラー うつ病カウンセラー

ももねいろの別館です

こちらは恋愛について書いていきます。

 

現在不倫をされている方がこの世の中に

多いのではないでしょうか?

 

倫理的や社会的の理由で誰にも

話せない方の心の拠り所になれば

いいなと思い、このブログを始めました。

 

誰だって最初から不倫をしたくてしてる訳ではないと

思います。それはそれなりの理由があるから。

罪悪感だって当然心の奥深くにはあります。

でも綺麗事だけでは生きていけない。

それが世の常だと思うのです。

 

不倫の達人はどんな恋でも達人になれると思いますよ。

 

今日もあなたのクリックが励みになっています。

クリックお願いします(^_^)/


にほんブログ村

わたしの彼④始めて会った日

最初に会ったのは、彼の仕事帰りでした。今は遠くにいますが、ちょうどその頃、年末年始でしばらく彼は自宅に帰っていました。知り合ってすぐは、彼もまた仕事で地方に行けば、ほとんど会えないと分かっていたので、わたしとの恋愛は考えてなかったようです。

 

でも付き合って下さいと言ってくれた言葉を

信じていました。

 

彼がわたしの家の近くまで、車で迎えに来てくれました。初対面の男性の車に乗るのはどうか思うのですが、やり取りが長く続くうちに、警戒心はなくなっていました。

 

待ち合わせの場所に着くと、彼は車から降りて来てくれました。写真より素敵に見えました。わたしはその時に、一目惚れをしたようです。

 

わたしの住んでいる地域は、デートスポットが目白押しなので、デートの場所には困らないのですが、当時お互い言葉が出て来ず、おしゃべりではない彼に、輪をかけてわたしは話せませんでした。

後で聞くと、彼はかなり戸惑っていたようです。

 

今日もあなたのクリックが励みになっています。

にほんブログ村

愛は育たない?

明日から弾丸セミナーに行って来ます。

受講生ではなく、アシスタントとヒーラーという立場での参加です。

 

まだまだ私自身が癒し足りないと思っているのですが、癒しも並行して進めていこうと思っています。生きている限り、様々なことがありますから、ヒーリングは一生必要と言われています。

 

不倫も何か原因があって、こうなってるわけで、かといえ、癒されたらやめられるとも言えず。人が誰かを好きになるのは理屈ではないので、今を大切にしたいですね。このご縁も絶対に意味のあることですよね。人生に無駄なことは一つもない!そうなら今の恋も無駄でないと思います。

 

ある音声発信で、恋愛は愛ではないと言っていました。愛は育てるものだと。つまり恋愛に愛などないと言い切っていました。

 

私は恋愛だって愛が育つと思うんです。

昔の歌で、会えない時間が愛を育てるとかなんとか、ありましたね。まさにその通り。郷ひろみさんの曲ですね。

 

今の恋も「恋愛をする」のではなく、「愛を育てる」にシフトしていったら、違った見方になりそうですね。奪うのではなく、与える。

 

話しが前後しますが、その動画でなぜ恋愛では愛が育たないと言われる理由は。

恋愛中に相手が寝たきりになったり、何かの理由でリカバリー出来ずに無職になったら、その状態で一生添い遂げようとは思わないと言うのです。

結婚後なら病気を理由に、別れることはあまりないと言っていました。そこに愛があるかどうかよりも、先に情があるのだと私は思います。今まで精神的な面と経済的で支えてくれた、恩みたいなもの。恋愛中にはお財布を完全に共有するのとはあまりないですからね。

 

恋愛中にどちらかが病気になったり、怪我をして、障害を持ってしまっても結婚されている方は、たくさんいます。恋愛だってちゃんと愛は育ちます。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

わたしの彼③恋におちる

年末年始をはさみ、すっかり彼のとこを忘れていた?

それともやっつけ仕事のように、ラインの返信をしていたか定かではないのですが、

細々と繋がってはいたようです。

 

年が明けて私が誤ってラインアカウントを削除してしまい、それまでライン以外の連絡先を知らない人とは、縁が切れてしまいました。

 

彼は知り合って当初にメアドと電話番号を

教えてくれていたので、メールをして再びライン再開にすることが出来ました。

 

それからお互い何となく意識するようになり、

私自身彼と会うつもりではその時なかったので、かなり自己開示をしていました。

彼は物静かな感じでガツガツしない、

でも草食系とは全く違う、すれてもいないけど、若い時は人に迷惑をかけない程度の

やんちゃ。礼儀正しいちょっと遊んでいる人?そんなイメージでした。

妻子はいながらも(その時は興味がなかったので

既婚者とは知りませんでした)少年の心を持っている感じの人でした。

 

だんだん心を許すようになり、私の悩みを話すまでになっていました。

 

その頃にやっと写メを送ってもらいました。

年齢よりかなり若く見えて、

素朴なイケメンで、ストライクゾーンの狭い私の

ドストライクな顔立ちでした。身長も175センチ。

私には理想の男性像です。持って生まれた天性からかなりもてると思われ、

しかしそれを決してひけらかさない謙虚さ。

今まで出会ったことのないタイプだったので

私は少し警戒はしていました。

 

でも惹かれる気持ちは日増しに強くなり、

急激に恋の化学反応が起こったような

感覚に陥っていました。

 

それから間もなく、彼から「付き合って下さい」と言われて会うことになりました。

会うまで既婚者とは知りませんでした(笑)

そんなことどうでもいいと思っていました。

 

(今現在は彼の私のそれなりに年を重ねて

どこにでもいる一般的な40代です)

 

④へつづく

 

 

今日もあなたのクリックが励みになっています。

クリックお願いします(^_^)/


にほんブログ村

わたしの彼②出会い

わたしと彼との出会いは数年前でした。

 

当時友人達とラインをグループでやっていて、もう少しメンバーを増やそうと、お友達募集をしたところ、男女数名が連絡をくれました。彼もそのうちの一人でした。

 

当時わたし自身、頻繁にやり取りをしなければいけない、グループラインに疲れていて、正直彼からメールが来た時は、わー面倒だなって思っていました。

 

また彼がグループの友達とは、少しタイプが違う、もの静かなタイプだったので、グループに入るのはやめて、わたしと個人での、やり取りでもいいかと聞いてみました。

彼がグループに入ってもらっても、合わないと思ったので、途中でやめるやめないのゴタゴタに巻き込まれたくなかったのです。

 

彼もそれでもいいと言ってくれたので、二人でラインをすることにしました。

 

ただ共通の話題もないし、わたしも男友達は他にいて、恋人候補でもなかったので、いつかフェイドアウトするかも?と思っていました。

 

最初、わたしは彼に対して、かなり放置プレイで、でも忘れた頃、彼からスタンプか、短文が来て負担にならない程度にやり取りが、出来たのが良かったのかもしれません。

 

③恋に落ちるへ続く

 

 

広告を非表示にする

告白 わたしの彼①

ここで自分の話しは書かないつもりでしたが、参考になるか分かりませんが、こんな人もいるんだな程度に思って頂けば幸いです。ゆっくり少しずつ書いていこうと思います。

 

わたしには3歳下の彼がいます。仕事の関係で、遠方に住んでいるので、ラインメインのお付き合いです。

 

彼は妻子がいるのですが、単身赴任のような状況です。現在で四ヶ月ほど家族に会っていないと思います。

 

奥さんのご実家が大きな会社を経営していて、奥さん自身もその会社の幹部みたいです。

 

この情報は彼から聞いたのでないのです。彼の名前が珍しくて、たまたまネットで見つけてしまったのです。心理学を学んだ今はなんとも思いませんが、当時のわたしには、頭をかき乱す余計な情報でした。

 

彼の素性がまだ分からない時に、何気なく彼に乗ってる車種を聞いたら、結構な値段の車だったので、???と思いました。失礼な話しですが、彼がそこまでの高給取りではないと思ったからです。

 

そこから私と見えない奥さんとの戦いが、しばらく続きました。

 

②出会いへつづく

 

 

 

 

広告を非表示にする

不倫に疲れたあなたへ

私の所属するカウンセラー養成スクールの講師でもあり、先輩でもある方のメルマガがちょうど来たので、同じテーマで少し内容を変えて、私も書いていきたいと思います。

 

彼との付き合いに疲れてしまい、もう好きかどうか分からない時ってありませんか?それはお付き合いに疲れてしまっているからなんですね。コミュニケーション不足ですね。言いたいことがあっても、我慢して自分を押し殺してしまっていませんか?でも彼の仕事や家庭の事情でこちらのニーズも伝えることがなかなか出来ないのは、分かりますよ。

会うことすらなかなか出来ないのに、メールやLINE、電話もままならない状態ではないでしょうか?女性は寂しさにとても弱いので、このままでは他に癒しを求めたり、彼に間違った態度でコミュニケーションを取ったりってことに。

 

ここでの処方箋ですが、寂しい気持ちを素直に伝えましょう!文句ではなく、上手にかわいく伝えるのです。

「どうして会ってくれないの!」は彼が、見えない主語です。これを主語を「私」にするのです。

「仕事が忙しいのは分かっているけど、私は〇〇くんと会えないと寂しいな」無言の圧力では彼に上手く伝わりませんし、不満が増す一方。爆発する前に小出しにガス抜きをしていきましょう。

彼が電話嫌いで、でもあなたは電話をしたい!そんな時は「おやすみだけ一言いいたいな」と彼の負担にならない程度のお願いから始めます。短時間でも文句を言わずに、彼と電話が出来たら素直に嬉しいと伝えましょう。少しずつ彼に電話の習慣をつけさせるのです。ゆっくり彼を自分好みに育てるのですね。百里の道も一歩からです。